FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮崎県の子どもたち 10歳の肥満率が全国一位!

ご存知ですか?宮崎県は子供の肥満率1位!


◎10才女子肥満率全国1位
◎10歳男子肥満率全国2位

なのだそうです。

肥満率が高いということはどういうことなのか・・・。
それは、これから成長していくに従い、高血圧や糖尿病などの生活習慣病が待っているっていうこと。
現在も、我らが宮崎県。
◎糖尿病患者数 女性全国3位
◎糖尿病患者数 男性全国10位
◎新規透析導入率全国2位

ひえーっ!

どんげかせないかんっちゃない?(延岡弁です)


糖をとり過ぎると血糖値が急上昇・急降下


そして、さらに宮崎県
◎お菓子の購入率全国1位
◎砂糖の消費量全国10位

糖が大好きな県です。
私たち親は思っているより、他の県の人より、お菓子をたくさん買っているんですね~

私たちは「糖」を摂ると、血糖値が上がります。
その上がった血糖値を下げるために、大量のインシュリンが分泌されます。
インスリンには、使いきれなかった糖を脂肪に変えて蓄える働きがあるため、大量に分泌されると、太りやすくなるのです。

「糖質」とは簡単にいうと、炭水化物と甘いもの。

ごはんを食べた後にぼーっとしたり、眠くなったり、逆にイライラしたりしませんか?
それは、血糖値が急上昇した後に急降下するために低血糖になっているからなのです。

糖質による血糖値の上昇と下降が、夜泣き影響。


糖質による血糖値の上昇と下降が、夜泣きや寝付きの悪さに影響しているという説があります。
甘いものを寝る前に飲むと、血糖値の急上昇→急降下により、低血糖になりぼーっとします。
私たちの身体は、そこからまた血糖値を上げようと今度はインシュリンが分泌されるのですが、
アドレナリンは脳に興奮作用をもたらすので、イライラしてしまうのです。

夜泣きや寝つきが悪いなぁという夜、寝る前に甘いものを食べたり飲んだりしていませんか?

これって、ちょっと気を付けるだけのことですが、子育ての中では
とても重要なことですね。

糖質が与える子どもへの影響

とても面白いイラストを見つけたので、紹介します。
(画像をクリックすると大きくなります)

image_534_640_0.jpg

 image_535_640_0.jpg


※子どもの糖質過剰摂取に気を付けたいな、という私の友人は
この漫画をおばあちゃんに渡して理解して頂いたりしています。
「ママがいないときにあまりたくさんお菓子をあげないでくださいね♪」というメッセージ。

子どもには糖質制限というより必要な栄養を優先的に


子どもの場合は、糖質制限をするというよりも、
糖質過多にならないようなすることが、有効な食事と言えるかもしれません。
炭水化物だけに偏らない食事。
朝のパンとコーンフレーク、昼はうどんとお稲荷さん、夜はカレーライスだけとか。

我が家では、中学生になる息子は活動量が多く、肥満体型ではありませんし、
娘も体重をコントロールする必要はありません。
でも私が、糖と血糖値の関係を意識するようになって、二人の様子を観察していると、
食後は、必ずぼーっとし、明らかに集中力がなくなっています。

ということで、食事への考え方はこういう風にしています。

①炭水化物を減らすより、成長に必要なタンパク質を増やす

たんぱく質が身体を作っていますので、必要ですし、優先して食べてもらいます。
それでもおなかいっぱいにならなかったら、ご飯を食べています。

②「味覚の幅を広げる」「食の楽しみを覚える」を優先に
おなかがいっぱいになることが目的ではなく、色々なものを食べてほしいと伝えています。
私の友人が作る「脳みそ弁当」は、楽しさを追求した、お弁当です。
また今度お話しますが、是非検索してみてください。

③食物それぞれの役割をしっかり教える
「今あなたの筋肉をつくっているものは?皮膚は?」
「脳みそは何でできているかな?」
こんな会話をします。

「お肉を食べると大腸がんになる」「日本人の身体にはご飯が必要」
「脳みそのエネルギーは糖だけ!」
なーんていう間違った常識に囚われないように!

しかし子育ての中で重要な位置を占める食事。
是非、ちゃんと向き合って、
親の責任として方向性を決めていかれたらと思います。


糖質オフの食品を活用しよう!虎屋の低糖質ケーキ・低糖質饅頭


糖質オフな食品は、スーパーやネットでもとても増えていて、喜ばれています。
地元延岡の老舗菓子屋「日向の国 虎屋」でも、低糖質ケーキをどんどん開発され、世に送り出しています。
しかも、数割高い、と言われる低糖質スィーツをどうしたら、安く全国の人たちにお届けできるか、と考え
低糖質スポンジケーキと
低糖質ひなた饅頭の通信販売を始めました。

低糖質スポンジケーキ 
(18センチ 糖質量10.6グラム)


S__2015243.jpg 
S__2015244.jpg

1個あたり、糖質量0.67g!!!

私も食べて、測定しましたが血糖値は、全くあがりませんでした。
良質のココナッツオイルもふんだんに使い、材料に、製法に、味にこだわった逸品です。
こちらで買えますのでぜび!

日向の国虎屋の低糖質のお菓子はこちらで購入できます。
HeartBestセレクトショップ


脱・肥満県 江部康二講演会~糖質制限という選択~


糖質制限について、一度ちゃんと知りたい、と思われた方(*^-^*)
「糖質制限」という言葉をつくられた第一人者江部康二先生が宮崎にきて、
宮崎県の糖質オフを推進する企業や医師・看護師とシンポジウムをします。

詳しいお知らせはイベントページにて
~脱・肥満県!江部康二医師と宮崎の未来を考えるシンポジウム 〜

http://mbp-miyazaki.com/heart/seminar/48/

私自身も糖質制限をやって、色々いいことづくめです。
健康!はもちろん、ダイエット、アンチエイジング
素敵ママにおすすめですよー。

江部先生講演会宮崎 



関連記事

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。